占いはアドバイスとして受け取る | 名前や人生の転機で迷ったら、姓名判断や夢占いを使おう!

© 名前や人生の転機で迷ったら、姓名判断や夢占いを使おう!

占いはアドバイスとして受け取る

海での夕日

人は自分の将来に不安を抱えながら生きていく生き物もしれません。
迷いや不安、恐れがあることは、誰でもあることです。
むしろ、悩みが全く無いという人は、世の中には存在しなおでしょう。
それだけに人は生きて行く価値があるのです。
しかし、実際に今まで何事もなく過ぎていた環境が一変して、自分の目の前に大きな壁が立ちはだかって来た時に、どんな方法で立ち向かえるか?
その支えとなるのが、占いかもしれません。
「そんな占いを頼ることなんて。」
と思う人もいるでしょう。
それはそれで決しておかしなことではありませんし、人の生き方としては立派なことです。
それでも、自分1人ではどうしようもできないことや、手に負えないことが少なくありません。
そんな時に、素直な気持ちで占いを信じてみるのもいいのです。
ただ、誤解しないで欲しいことは、占いの結果が悪かった場合、そこで諦めては行けないということです。
過去の出来事は消すことはできませんが、未来を変えることはいくらでもできます。
自分の努力次第で大きく流を変えることができます。
占いはそのための手段と理解して下さい。
良い占い結果にしろ、悪い占い結果にしろ、その結果に辿り着くまでには、それなりの途中の行動があるはずです。
悪い占い結果が出てきた場合は、その結果が現実のものにならないように努力をすることなのです。
「流れを変えること。」
「ツキを良くする。」
そのために未来を予測して、そこへ到達するために、行動を起こすこと。
そのための占いなのです。